途中で解約した場合の違約金はある?やむを得ない選択をする場合に確認しておくべきことは

がま口とお金

■エステを途中で解約しなければいけなくなった!

引越し、結婚・妊娠、エステスタッフとフィーリングが合わない、お店の技術に疑問を感じるなどの理由から、契約していたエステメニューを解約したいと考える方も見受けられます。

さまざまな解約したい理由を持つ中で、「お店を変わることができたらエステを続けられる、解約をせずに済む」「エステをおやすみできる期間が設けられたら、解約せずに済む」ということはありませんか?

もし、今のお店で施術し続けることができない理由が生じたら、別の店舗で施術ができるか、休会期間を設けることができるかエステスタッフに相談をしてみましょう。

■違約金は発生しますか?

途中で解約した際に「違約金」というペナルティが科せられることがあります。違約金に関してはお店によって取り扱いや対応が異なります。

また、事前に申し入れをすることで違約金が科せられることを回避できるお店も存在しています。中には「違約金は発生しないけど、前払いが済んだお金は一切払い戻せない」などというお店もあります。

解約しなければいけないという事柄が発生した場合は、まずお店に連絡を入れてから続けられる方法を模索してみましょう。

それでも術が見つからないという場合に、解約をするというスタンスを取ると、サロンスタッフの心証も良いままで解約へ進むことができるでしょう。解約をする側も、サロンに支払った大金をムダにすることがありません。

■契約をする前の確認はとても大切です。

契約をする前に、必ず解約に関する約束事を説明してもらいましょう。ここで違約金や払い戻しに関する情報をしっかり受け取り、納得しなければ契約できないと捉えておきましょう。

確認せずに契約をしてしまったら、大金が手元に戻らず泣き寝入りをすることにもつながります。契約内容が分かりにくかったら、自分自身が納得できるまで説明をしてもらうことが大切です。違約金に関するトラブルで、契約時の話と異なるという場合は、消費生活センターや法テラスなどを利用して相談をすることをお勧めします。

また、契約トラブルを回避するために、前払い制を謳うサロンが殆どですが、チケットを必要回数購入することでエステを受けられるチケット制や月額会員制のサロンを選ぶこともお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>